事業内容

事業内容

外壁塗装工事

外壁塗装工事

外壁塗装が必要な理由は「外観を良くする」他に「塗料の樹脂で防水し、雨などによる雨水の侵入(雨漏りの原因)を防ぐ」意味があります。
時間が経つにつれて紫外線を受け続け、塗膜効果や防水効果が徐々に失われていき、防水効果が薄れたままの外壁だと湿気や雨水などの水分を吸収してしまい、内部の骨組みまで影響を与えてしまいます。

屋根塗装工事

屋根塗装工事

屋根の塗装は、塗料を屋根材に塗ることで、屋根材本来の働きを保つために行います。
屋根は、建物を風雨から守るために必要不可欠なものです。屋根が経年劣化や、外的要因によってダメージを受けると、雨漏りのリスクが生じます。大きなダメージを未然に防ぐために、屋根の塗装を行います。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事

葺き替えは既存の屋根材をはがし、新しい屋根材に替える工法を言います。
下地である野地板や防水シートも取り換えるのが一般的です。雨漏り被害が拡大し、手の施しようが無くなった場合、屋根の表面劣化や重量といった耐震問題を解決し、遮熱断熱を強化します。

屋根カバー工法

屋根カバー工法

屋根カバー工法は別名重ね葺きとも呼ばれています。既存の屋根を撤去せずに、上から新しい屋根材をかぶせる工事をカバー工法といいます。
屋根材の表面にはサビやひびがあるものの、下地は傷みがない場合にはカバー工法が有効です。

漆喰工事

漆喰工事

瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰が風雨や寒暑、直射日光に晒され続け、他の屋根材と同じように時間とともに劣化していきます。
目視で、ひびや剥がれが確認できる場合は危険です。固定している力が弱まっているので、ちょっとした風や地震で瓦がズレたり、最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。

防水工事

防水工事

防水工事とは、コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。
初期硬化によりわずかながらクラック(ひび割れ)が一般的な鉄筋コンクリート構造物には存在しています。

雨樋工事

雨樋工事

屋根の軒先や外壁づたいに、必ず設置されている雨樋(あまどい)
目立たない部分ですが、実は屋根に降った雨水を集め、適切なところにまとめて流すという大切な役割を担っています。

板金工事

板金工事

板金は、様々なところで形を変え、水や劣化から建物を守っています。
出窓や玄関ドア上の『ひさし』や、屋根にある『棟』などに板金が使用されています。
普段の生活では、なかなか目立たない部分ですが、雨や風、強い陽射しから大切なお住まいを守る重要なパーツです。

外構工事

外構工事

外構工事とは、家の外側の工事、建物本体以外の家の外側の工事(エクステリア工事)のことです。
門柱・門扉の設置、駐車場(カーポート)の設置、塀や垣根などの境界や目隠し目的でのフェンスの設置、ウッドデッキの設置、庭の中に作るガーデンルームなどの構造物を設置します。

その他工事

その他工事

内装リフォーム、キッチン・バストイレリフォーム、介護リフォーム、その他リフォーム・店舗工事など
様々なリフォーム工事に対応しています。

お電話でのお問い合わせはこちら 0742-32-0555 メールでのお問い合わせはこちら